ストレスとうつ病の解説書

うつ病とはどんなものは

うつ病とは現代人がだれでもかかりうる心の病気なのです。現代はストレスの多い社会なのでそのストレスで押しつぶされそうになったりするとうつ病にかかってしまうのです。身体症状としては何もしたくない、何も考えたくないといった無気力感に襲われます。

 

仕事をしている人などは会社に行きたくないといった感じになり、だんだん進行していくと朝起きられなくなってしまうのです。そして、昼ごろまで寝ていて会社を休みがちになってしまうのです。会社に行かなければいけない、もっと頑張らなければいけないといった風に思うのですが、どうしても体が言うことを聞かないのです。

 

また、たくさんのやらなければならないことを抱えているとミスをしないだろうかといったように大きな不安感も抱えているのです。仕事でたくさんのことをしなければならないとき、期日までにうまくできるだろうかとかとても不安になるのです。

 

また、会社だけではなく人間関係でも新年度を迎えて新しい人との出会いがあったりすると、その人たちとうまくやっていけるだろうかといった大きな不安感を抱えることもあります。もしうまくいかなくなってきたらどんどん自分が悪いんだと自分を責めるようになったりしてうつ病になるまで自分を追い詰める人もいるのです。

 

うつ病は心の病気なので、みな感じ方が違うのです。なので、何の気なく言った一言でも人によっては深く傷ついたりすることになるのです。悪気があっていったことではなくても人によっては悪いほうにとらえてしまったりすることもあるのです。そして、どんどん自分一人で悪いほうへ悪いほうへと考えてしまってどんどん深みにはまっていくのです。

 

そういった時には必ず専門の病院に行って専門の先生のカウンセリングを受けるべきなのです。そうしないとどんどん病気は悪くなる一方で、なかなか治らなくなってしまうのです。ちょっとでも無気力感や不安感が生じてきたらとにかく誰かに相談するべきなのです。そうしないと絶対にうつ病は治らないのです。